dフォトヒントTOP

vol.35

dフォトヒント

笠原竜太の
ワンポイントレッスン

おじいちゃん、おばあちゃんに
フォトブックをプレゼントしよう!

子どもの成長を楽しみにしているのはおじいちゃんおばあちゃんも同じ。
スマートフォンから写真を送るのは便利ですが、フォトブックで見る子どもの成長した姿は、より嬉しいはず。
手に取って楽しめるフォトブックを作ってプレゼントしてみてはいかがですか?

子どもの誕生日など、特別な日の思い出をフォトブックに!

子どもの誕生日や七五三、お正月などの特別な日には、たくさんの写真を撮りますよね。楽しい思い出の写真は、おじいちゃんおばあちゃんにとって最高のプレゼントです。

特別な日の思い出のフォトブックにはdフォトの「ハードカバータイプフォトブック」がオススメです。
約18cmの正方形の本格的なフォトブックで、各ページに光沢があり写真がより美しく見えます。本屋さんに並んでいるような仕上がりで、プレゼントに最適です。

2種類のフォトブックが選べる!

撮った写真をプリントしよう

dフォトには、普段使いに良い通常タイプと、しっかりとした光沢の印刷が美しいハードカバータイプがあります。

  • 通常タイプは、月額280円(税抜)で月1冊追加料金なしで利用できるので、旅行の思い出、毎日の写真の整理などにとても便利。
  • ハードカバータイプは、1冊2,900円(税抜)で作ることができ、高級感があってプレゼントに最適。

作るのはとても簡単で、dフォトのアプリから写真を選択するだけ。フォトブックにコメントを入れることもできます。

子どもの写真をカタチにするとき、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントに使ってみてください。

1冊作ったら増刷も簡単!

新しい送付先を指定するだけで、両家のご両親に一緒にプレゼントしたり、特別な日だけでなく、日々の成長記録としてフォトブックが活用できます。
また、dフォトはフォトブックを作らなかった月のくりこしもできるため、3ヶ月に1回、写真の整理を兼ねて、フォトブックにするのもおすすめです。
「最近、両親に写真を送っていないなぁ」とならないよう、恒例行事にしてもいいかもしれませんね。

笠原竜太

教育コンテンツ、グラフィックデザインなどの制作を行うノバコンサルティング(株)代表。学生時代から写真に興味を持ち、写真教室で本格的な撮影を学ぶ。現在は、コンテンツ制作の一部として、広告写真や商用写真の撮影を行う。写真家まるやゆういちに師事。APAアワード2013 写真部門入選。